池端美和の独り言(プライベート)

  1. img_0597-4.jpg

    保護中: (鍵付)饒舌な女になって。。。

    思い出のワインをとうとう飲むことに。先に言っておきますこの先読まないほうがいいよ〜〜絶対読まない方がいい。

  2. img_0816

    保護中: (鍵付)執筆『悔やんでも悔やみきれない想い。何より思い出したくない私の後悔』

    特別な存在の人を突然、亡くした人は、その大切な人を失った悲しみに計り知れない苦しみを感じて、心を患ってしまう。私の母もその一人です。母は、私の前章『予知夢』でお話しした通り、父が亡くなったことを知らなかったのです。

  3. img_0816

    保護中: (鍵付)執筆『知らないことを知らないと言える大切さ』

    私は、ある時から1、2、3、4、5、6、7、8、9、10と順番を数えれなくなりましたは?!って何言ってんの?って、今、思いましたか?実は私の人生は綱渡りと時間との勝負で、ストレスの感じる中、歩...

  4. img_0816

    保護中: (鍵付)執筆 『心意気を真摯に受けとらせていただく力』  

    ある日、いつも通りに手形の割引を行いに取引先金融機関へ出向くと支店長、『美和さん、美和さん、ちょっと、あんたな、告げ口しても、どうにもならへんで。

  5. img_0816

    保護中: (鍵付)執筆『善行を尽くす』

    ピンとくる。といったようなひらめきを大切に生きています。精一杯の努力を惜しまず、善行を尽くして生きていると神様やご先祖さまが必ず見ていてそして、きちんと導いてくれるといつも、どこかで、そう思っているのです。

  6. img_0816

    保護中: (鍵付)執筆『池之端の祖母の家が教えてくれたこと』

    『池之端の祖母の家が教えてくれたこと』祖母が亡くなってもう約10年の月日が経ちました。祖母が暮らしていた東大阪市の池之端にある家だけは死守すると、決めたので守り抜きました。未だに、祖母の思い出を残たままにしています。

  7. img_0816

    保護中: (鍵付)執筆『解体前夜に誓ったこと!』

    これほど惨めで、情けない思いは未だにない。この時のことを思い出すと息苦しくなる。思い出すと、やっぱり泣けてくる。住み慣れた、家族との思い出の私たちの家が解体されていく。

  8. img_0816

    保護中: (鍵付)執筆『カッコ悪いと思うことも、本気でやればカッコイイ。』

    「恥ずかしいから、できない」「カッコ悪いから人に聞けない」「惨めだと思うからあきらめる」そうゆう感情が、小粒にしていると思いませんか?私の合言葉は『カッコ悪い、が、カッコイイ!!』です。

  9. img_1027-1.jpg

    (鍵付)時間の限り尽くしたい

    ただいま弱音の穴の中にいます弱音は吐いちゃいけない!そう思っているのです。

  10. img_0816

    (鍵付)執筆 『ちょっと一風変わった自分を奮い立たせるもの』

    『ちょっと一風変わった自分を奮い立たせるもの』心が弱いからと、自分のことを言う人がいると思うのですが、弱い心の持ち主でも、ちゃんと自分を制御し、コントロールすることはできるのです。

最近の記事

美人を創る部屋

美人を創る部屋
2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
ページ上部へ戻る