ブログ

男女で香りの好みに違いはありますか?

香りのお仕事していると

潜在的なその人の雰囲気が

選ぶ香りに反映するように思います。

男女問わず、好みの香りに違いがあり

ある人にとっては官能的に感じ

同じ香りなのに別の人には

瞑想用だったりします。

同じ匂いなのに

人によって反応が異なる理由とは

先天的履歴性と

後天的履歴性があるからだそうです。

また嗅覚は国によっても

敏感かどうかに違いがあるそうです。

以前、発酵学者の小泉武夫氏の

インタビュー記事に面白い研究が書いてありました。

研究内容:

「ある大学の研究で自分の奥さんに1週間パンティを取り替えずにいてもらいます。1週間、ご主人が自分の奥さんのパンティを言い当てる。」

研究方法:

「10か国の人に参加してもらい嗅覚の実験をしました。」

研究結果:

一位 フランス人

二位 中国人

三位 アメリカ人

一位のフランス人はさすが、香水文化の発祥の地ですよね。

意外だったのが二位の中国人で

順当なのは三位のアメリカ人でした。

ちなみに

「日本人は何位だったのでしょうか?」

日本人は残念ながら最下位でした!

面白い記事ですよね。

日本人の男性は妻になると

急に興味がなくなる民族なのですね。

とはいえ

最近は香りブームで

これまで香りといえば

女性のものというイメージでしたが

ようやく日本人の男性たちも

意識が高くなったようですね

では

3つの質問に答えてください!

1、あなた自分に似合う香りをご存知でしょうか?

2、あなたは自分を取り巻く香りを、どんな雰囲気にしたいですか?

3、香りの持つ印象をコントロールして、あなたの魅力を輝かす香りに出逢ってますか?

いかがですか?

また答えを聞かせてくださいね!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最近の記事

2019年1月
« 12月   2月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

product02

product02

美人を創る部屋

美人を創る部屋

アロマライセンスカレッジ大阪校

アロマライセンスカレッジ大阪校

face book

ページ上部へ戻る