ブログ

マエストロは超ハンサム!

大作曲家ストラヴィンスキー

一族の血を受け継ぐマエストロの演奏会

開始前にコーヒーの香りを楽しむ。

カフェインフリーを誓ったばかりなので

飲んでませんよ!

本当に飲んでないからっ!

ペロってちょっとだけ舐めて

香りを楽しんだだけだから!

(言い訳がましく訴える)

指揮者マリウス・ストラヴィンスキーは

かなりのイケメンです!

甘美でダイナミックな指揮をふって

色っぽいです〜〜

とろけそーな感じです。

おっと脱線

今日は曲のことを備忘録で書きます。

一曲目はストラヴィンスキーの代表作

「火の鳥」

  • いたずらでおてんば、大冒険
  • 綿飴のように甘くふわふわして危なっかしい
  • 子供の世界
  • 少し大人びた世界
  • 氷ついた、硬く、表面
  • 妙案、追撃、絶好
  • 風が緩やかに穏やかに
  • さまよう、夢の中、闇
  • 夜明
  • 新たな旅立ち

この曲を聴くのは初めてなのですが

ストーリーを知っているかのように

こうして情景が思い浮かぶって

すごいでしょ!

調べてみると

構成がぴったり合ってました。

音楽で表現し伝えられるって

素敵すぎます(*^▽^*)

さすが甘美なマエストロです!

2曲目は

ラフマニノフのピアノコンツェルト2番です。

のだめカンタービレの中でも使われた

有名な曲です。

色っぽい、

繊細、

神経質で

頭脳明晰、

感受性が鋭い

根暗

などなど

聴いていると

凄く切なくなったり

激しく揺れ動かされたりして

忘れているピュアなハートを

思い出させてくれる名曲です。

そしてその名曲が

さらに色気ムンムンのマリノスにかかると

優美さと甘美さが備わった

恋愛モード全開のラフマになりましたね。

さて最後の曲は

チャイコフスキー交響曲5番です。

そもそも

この曲が絶大な人気があるのが

ピンとこない私。

なぜならこの曲は

不意を突かれた気持ちにさせられるからです。

なにやら、

盛り上がってきた!

と思うと

「やっぱりダメ」

「もう無理」

「やめとく」

と、

すぐにネガティブに

ぶつぶつと言っているように聴こえます(*^▽^*)

すぐ諦めモードになる青臭さ

頑張ろうとするけど

やっぱダメ

みたいに感じてしまうのです。

あれ?私だけかな?

人気がある交響曲だけど

何回聞いても

まだまだ私はお子ちゃまですね。

でも、それで良いのです。

わからないけど

なんか好きなんです!

音楽を語れるような知識は

全くもってないので

あくまでこれは備忘録です。

数年たって感じ方が変わっていたら

面白いですよね!

五感を揺さぶられて楽しむ

単なる趣味です!

  • そしてこれ

    もう一つの楽しみ

    アンコール

    なにを今日は最後のアンコールに

    演奏されるのか?

    って思うのも楽しいです!

    いつもワクワク楽しみにしてます(*^▽^*)

    クラッシック好きな方と

    一緒にお話したいです!

    ぜひまた声をかけてくださいね!

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    関連記事

    最近の記事

    2018年9月
    « 8月   10月 »
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930

    product02

    product02

    美人を創る部屋

    美人を創る部屋

    アロマライセンスカレッジ大阪校

    アロマライセンスカレッジ大阪校

    face book

    ページ上部へ戻る