ブログ

権威ある『うどん学会!!』にだしソムリエの登場!

 

 

だしソムリエ協会の

認定講師

似鳥よーこりん

パネリストで登場です!

 

24331142_1762590097087456_1892556756_n

日頃は

トップ心理セラピスト

美魔女メガヒットブロガー

と多彩な活動をされている彼女ですが

今日はなんと!

大変権威ある

日本うどん学会の全国大会

パネリストとして登場されています。

 

すごい来場者数です!

(約2万人)

24176885_1534930596596210_8001455417723115238_n

24058859_1534955343260402_6959613330575881869_n

彼女は前のご主人を亡くされたあと

精神的なものによる味覚障害で

味の無い日々が続いたそうです。

 

その頃

友人である

高松の老舗乾物海産問屋

「丸一」さんから

ダンボールいっぱいにダシの食材が

元気になって欲しいという願いとともに

送られてたきたことがきっかけに

お出汁をとることで

和食の美味しい香りが

食欲をそそり

味覚が戻ったそうです!

 

 

出汁には

サプリメントを総合するような

効果を得られるそうで

特にトリプトファンが

幸せ物質のセロトニンを分泌させ

不眠が治ったり

心身の健康を促進させてくれるというのです!

そんな彼女は

うどん文化の進化を

一消費者の視点から

今後は二極化していくと感じ

 

 

例えば

東京では健康に対する意識が低いと

その人自体の価値も

低くみられる傾向がある

 

そんな時代だからこそ

変化を先取りし

素材やこだわりにエッジを効かせた

うどん文化に変化も必要ではないかと!

 

 

そのほかにも

海外の人から見ると

うどんは

炭水化物祭りで

食の時間を楽しんでいない!

見た目もこだわってない!

など

文化に違いがあり

健康志向と同時に

食事の時間を

純粋に楽しむことを目的にしている

しかし日本人は

パッと炭水化物を摂取できる

うどんを好む

 

しかし

健康面からみても

特にダイエットを気にしている

女性からすると

サイドメニューは油物が多く

糖質過多で決死の覚悟を要する

可能なら

糖質オフがあれば嬉しい。

 

 

 

このように

問題点をしっかりと指摘!!

 

 

 

 

よそ者

若者

馬鹿者

この視点が

古い視点を変える

イノベーションを起こすんだなぁと

改めて思いますね!

 

 

 

(私の独り言ごと)

糖質オフ!そうだ!これがあれば思いっきりうどんが食べれる!!

野菜もしっかりとバランス良く食べれて

ゆっくりと食事の時間を楽しむ時代が

くるといいな〜

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最近の記事

2017年12月
« 11月   1月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

product02

product02

美人を創る部屋

美人を創る部屋

アロマライセンスカレッジ大阪校

アロマライセンスカレッジ大阪校

face book

ページ上部へ戻る